スプリングレス


その昔ベッドのマットはわらや乾燥剤をカバーして使用していましたが、より快適で弾力性がある鋼製スプリングを内蔵したマットレスにとって変わり、現在に至っています。しかし、スプリングマットレスが理想的であるとは言えません。

人間は横になった時、腰と背中が他の部分より重いものです。スプリングマットレスの場合、体の重い部分が支点となって全体重を支えるので、この部分におけ る睡眠中の負担が非常に大きく、血行を阻害し、腰痛の原因を生みます。自然に立ったときの無理のない背骨の湾曲を仰向けの姿勢でも保てるよう、体圧を分散 するマットレスが理想的なのです。


金属では考えられない理想の弾力性と復元力

マニフレックス・マットレスの芯材に使用している新世代ポリウレタンフォーム<エリオセル>は、柔らかすぎず硬すぎない理想的な弾力特性と復元性を持つ、世界特許を取得した高密度弾性素材です。

実際にマニフレックス・マットレスの上に横になると、一度沈みこみ、そこから体の圧力を均一に分散させて押し上げ、背骨や腰部のカーブに自然と適合し、人 それぞれに最適な睡眠姿勢を実現します。スポンジに似た構造でありながら長期間使用しても型崩れせず、たっぷりと空気を吸収するため吸汗、放湿性が良く、 衛生面でも最良の状態をキープ。金属部品を一切使用していないため、寝返りを打っても静かです。